松村会長レポート「中国理解講座」

7月2~7日、中国理解講座(この講座についてはこちらのページで→http://www.kokorozashi.net/cat2/)に参加しました。今回で9回目です。第1回から全て参加している皆勤者は3名です。私は6回目になりましたが、予習をせずにバタバタと駆けつけたため、上海のどこを見て回るのかも確認しないままでした。さらに新型インフルエンザのことも全く頭になく、上海空港に到着してから気づきました。白い服を着た人たちがドタドタと機内に入ってきて、ライトを当てています。「なるほど、インフルエンザかな」と。幸い機内に感染者はなく30分ほどの遅れで乗客の皆さん全員、無事に入国できました。 

さて、天候は雷雨で雷がバリバリと鳴っています。一人で上海空港にいるのも何となく不安です。事前に旅行社でホテルまでのタクシー代を聞いていました。客引きの若者が180元と日本語で話してきましたので、信用して乗車しました。ところが10分も走ると「エンストではないが車の調子が悪い」と別の車に乗り換えるよう要求してきました。しかも代金は580元だと。「それは話が違う」と交渉し200元で妥協。乗り換えて安心する間もなく、メーターが上がっています。結局、またタクシー代140元を支払い、計340元の高い乗り物でした。

ホテルは19時集合。飛行機が遅れた人、雷雨で成田に引き返したグループ、夜中に到着した人などおられました。それに比べれば私の200元は安いものだと妙に納得した気持ちでした。

勉強会では徳真会松村博史社長の経営方針を聞きました。近年、日本の歯科医師が上海に進出し、徳真会では現在7店舗を開業・展開しているそうです。日本の医療制度について、①保険で治療しても国に負担が掛からないようしている②組合も医療費を高くするだけの談合組合で技術的な話し合いもせず進歩が無い③経営が厳しく倒産が増えている-など矛盾・問題点を指摘。志の大きさに感動しながら、日本の医療制度に疑問を感じました。

翌日は8時半出発。ところがホテルのクーラーがきいて寒く、少し体調が良くない。まさか新型インフルエンザかと自分自身不安になりながら、ここで倒れると皆さんに迷惑をかけるし、何とかして治そうと気持ちを切り替えました。それにしてもクーラーが寒いので、別行動でホテルに残り病院に行くことも考えました。しかし、必要以上の騒ぎになってはいけないと考え、皆さんに同行しながら、できるだけ静かにして体を温めるよう努力しました。風邪の時は大量の水を飲み、汗を出す。このやりかたが自然療法です。とにかくお茶と水をたくさん飲み、夜は宴会でお酒も飲みました。結局、夜中に汗をかき2回ほど着替えて何とか気分が良くなり、とにかく皆さんに迷惑をかけずに済んだので安心しました。病は気からです。

今年は仕事の面でも新型インフルエンザの対策を考えておかないといけないと痛感しました。秋からふくの消費が伸びる時です。ふくの業界で感染騒ぎが起これば売上も伸びません。事前に対応を整えておくようにしなければと思っています。

常州市の除礼信総裁の講演を聞きました。シンガポール人で町開発のプロです。中国政府の要望で今回の新しい町開発の責任者としての考え方を披露されました。シンガポールは小さな国で資源もなく、知恵を世界に売るしかない、中国は国策でこれから30年、農業国から工業国へ変化するために8億人の農民に仕事を与えたい方針です。そのためには開発区に学校を建て、工場用地を用意し、外国からの資本も必要になる。現在開発して5年。学生6万人が毎年卒業するそうです。優秀な人材は日本の工場でも働くでしょう。桁外れに大きな構想で、やはり日本にいては想像できない大きさと、それにスピードの速さを感じます。万博の工事現場も見ました。もともとは造船所だった場所を一掃し、万博会場に生まれ変わらせています。規模の大きさと決断の速さに感心します。

中国理解講座は9回を数えました。上海は中国で最も経済成長が進んでいる地域と聞きます。スケールの大きさと発展の速度が速い中国と日本は競争しても勝てないでしょう。共生の時代が来たように感じました。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)