本場の本丸、南風泊市場

昭和49年11月、セリ第一声を上げた下関南風泊(はえどまり)市場。遠洋フグ延縄漁が活況を呈し、増えてきたフグの水揚げを下関へ集めようと誕生した魚市場だ。その背景にはトラフグ漁獲量が増えて、下関以外へ漁船水揚げが分散していたのがあった。フグの下関の屋台骨・フグ卸の下関唐戸魚市場株式会社にとって、南風泊市場進出は本場のプライドと社運を賭けた一大事業だった。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)