高校生が企画の「ふぐコロッケ」

  下関市内の市立下関商業高校の生徒さんらが「ふぐコロッケ」を企画したニュースが10月29日、読売新聞下関版や山口新聞に掲載されていました。

フグ骨の粉末を使って、カニ・ホタテ・サケの三種類を試作し、JR下関駅で販売したそうです。同高校は全国でも歴史ある商業高校として有名で、下商(しもしょう)の愛称で地元経済界にも数多くのOB・OGを輩出しています。という事務局の私自身もOBの一人で、後輩が企画したフグの味だけに早速、学校へ連絡し、近日中に味見をさせていただく予定で、そのレポートも後日、アップします。地元の若い人たちがフグに接し、将来、社会で活躍する際も下関ふぐが自慢となるよう、頑張らないといけませんね。ちなみに11月23、24の両日も同駅で販売が行われる予定で、特に23日は近くで下関さかな祭が開催されるので、たくさんの人に注目されると思います。

カテゴリー: その他, 本場には本場の「わけ」がある パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)