協同組合下関ふく連盟協同組合下関ふく連盟
明治21年、時の総理大臣・伊藤博文公のひと声で、ふく食先駆けの地となった下関 ふくの本場・協同組合下関ふく連盟の公式ページ

ホームふくの宅配ふく料理のお店お泊りはこちらふくのお土産ふく連盟年間行事ふくのいろは

ふくの本場・下関


 下関では河豚のことを濁らずに「ふく」と呼んできました。フグの音は不遇に通じ、ふくは幸せの福にあやかって縁起が良いことから「ふくが福を呼ぶ下関」とも言われます。
 明治21年、山口県出身で下関に縁の深かった初代内閣総理大臣・伊藤博文公が「下関のふくには毒を見ず」とお墨つきを出し、全国こ先駆けてここ下関で河豚食が解禁きれました。以求、下関はふくの本場としてその名を全国に広めていきました。

 伊藤博文公の一声があるまで、河豚が食用禁止だったことは案外、知られていません。もともとは安土・桃山時代に豊臣秀吉が河豚養で武士や家来が死んでいくのを防ぐため、禁止にしたのが始まりです。その後、各藩がそれに従う形になり、ここ長州藩でも河豚毒で命を落としたら家禄没収や家名断絶という厳しい措置を定めていたほどでした。
 現在、ふくの下関で最も知られるのは、市内彦島にある南風泊(はえどまり)市場のセリ風景ではないでしょうか。深夜未明、せり人の指を仲買人が指し握りして値段を決める独特の袋ゼリは、同じように見えて一匹一匹の評価が異なるふくのセリに一番適しているため、市場を取り仕切る下関唐戸魚市場㈱は「ふくのセリは袋ゼリ」にこだわっています。
 ふくを食べたいと一番に思い浮かぶのは、きれいな花びらのように皿に盛った「ふく刺し」でしょう。その姿から菊盛りと呼ばれるふく刺しは、ふく料理の看板です。皿の色合いや模様が透き通って見えるほど、薄く引くふくの刺身。ふく料理を研究してきた先人達によって、熟成きれてきたこの包丁さばきも高級魚・ふくの象徴です。
 ふくはせ界に約100種類、日本近海に約50種類が生息し、そのうち食用が認められているのは22種類。なかでも最も美味なトラフグは、市場で1キロ数万円の高値で取り引きされる高級魚です。とはいえ、最近は養殖技術が普及し、大衆的な価格の養殖フクがたくきん出回るようになっています。
 下関ふく連盟では、2月9日をふくの日と制定し、きまぎまなイベントを通じて、ふくの本場・下関のPRとふくの安全・安心な流通・消費を推進しています。

下関ふく連盟



下関唐戸魚市場仲卸協同組合下関唐戸魚市場仲卸協同組合







株式会社ふくの里株式会社ふくの里

下関特産品市場下関特産品市場

下関市下関市